アラキドン酸サプリ

アラキドン酸不足の脳内への影響

アラキドン酸とは、ビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸の一種になります。
肉類や魚介類、卵などに含まれており、アラキドン酸は乳児の脳や体の発育に必要不可欠な成分で、大人でも脳内の活性化や免疫機能の調整などのために必要といわれています。ほかにも、適量を摂取していれば高血圧を予防したり、コレステロール値を下げる効果があります。
肉類や魚介類などに含まれているため、現代の食生活では不足しないとされています。むしろ現在の日本人の食生活は肉類の割合が増えていることから過剰摂取が心配されます。とり過ぎてしまうと、大腸がんや前立腺がん、皮膚がんに動脈硬化、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎のリスクが高くなるとされており注意が必要です。
問題は偏った食事をしている時です。ダイエットなどで肉や魚、卵などを極端に除いているとアラキドン酸が供給できなくなり、体内に不足してしまうということになります。
脳内へも影響が表れるため、記憶力の低下や集中力の低下、海馬の機能にも影響が出てくると考えられています。
このような影響があることを考えて、極端に偏った食事制限つきのダイエットをしている場合や偏った食事をしているというときには食生活を見直していくことが大切です。
加齢によっても体内でアラキドン酸を合成する能力も衰えてきます。病気などの理由で食事制限を受けている場合などとともに不足しがちなときにはサプリメントなどで補えるようになっています。