アラキドン酸サプリ

アレ?が多くなったらアラキドン酸が不足しているのかも

最近物忘れがひどくて…。あれ?そういえばどこにしまったかしら?ええと、あの人、名前なんだっけ?約束の日いつだったかしら?
こんな場面、日常に増えてませんか?脳の衰えとともに人間は記憶力、整理能力、学習能力が弱まっていきます。

 

全く機能しなくなった現代病が認知症と呼ばれるものです。これは日常生活での食事のバランスが大きく左右しているということを、ぜひ認識していただきたいものです。
アラキドン酸という栄養成分をご存知ですか?

 

なかなかピンと来る人は少ないでしょう。脳が活発に働く上でとても重要な役割を担っている成分です。
このアラキドン酸は年齢と共に減っていきますが、体内で生成されることはほとんどありませんので、食事などで補う必要があります。

 

アラキドン酸は常温で固まりにくい脂肪酸の一種であるため、脳の柔らかな構造に一役買っています。
脳の伝達信号にはこの柔らかさがとても重要で、スムーズなやりとりで情報を伝えることができるのです。これが不足してしまうと、このやりとりがうまくいきません。
結果、物忘れや、行く末、認知症という病にまで発展してしまうのです。

 

年を取ることは防げません。しかし、少しでも老化を遅らせたり、病の発症を防ぐ予防手立てはあるのです。
人間の体は自然の一部であり、従順なものです。悪い環境の下では悪くなり、良い環境を作れれば今以上に良くなることは間違いありません。

 

こんな実験結果もあります。
60〜70代の健康な男性20名にアラキドン酸とオリーブ油のカプセルを一ヶ月ずつ摂ってもらい脳波を測定することで試したものです。
結果は、オリーブ油では変化がなかったものの、アラキドン酸を摂取したあとの脳波が早く、大きな揺れを示しました。

 

この教授によれば、脳の情報処理速度は約7年若返り、情報処理能力は5年若くなったと言います。頭の回転が良くなったと言えてしまうんですね。
アレ?が多くなっているあなた!!確実にアラキドン酸不足かもしれません。